FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバイスDr.TAKAが診る!第9回「EPICGEAR」

09-20,2016

drtaka-09_00.jpg

EPICGEAR

“赤子泣いても蓋とるな” Dr.TAKAでございます。おはようございます。

今回はいつもと趣向を変えて、ブランドそのもののご紹介をしてみたいと思います。
対象は……新製品のキーボードが発表されてようやく「マウス・マウスパッド・キーボード・ヘッドセット」が揃うことになった
『EPICGEAR(エピックギア)』です。

drtaka-09_01.jpg

軸(スイッチ)を交換できる奇天烈なキーボードを発表したEPICGEARですが、
実は以前から「どうしてこうなった」的デバイスを繰り出す妙なメーカーだったんです。

出自からラインナップの歴史あたりを眺めて、
どんなブランドなのか振り返ってみていきましょう。


そもそも何屋?

EPICGEARは2011年に、メモリーモジュールで有名な『GeIL : Golden Emperor International Ltd.』のゲーミングブランドとして誕生しました。
数年前から、もともと別のカテゴリでゲーマー向け製品を作っていた会社によるデバイス参入がブームになっていますが、
EPICGEARはその少し前~最初期に参入したメーカーということになります。


みんな大好き変化球

そんなEPICGEARのゲーミングデバイス第一弾となったのが、デュアルセンサーマウス『MeduZa(メデューサ)』です。
第一弾でいきなりデュアルセンサー、そして対応のマウスパッドもリリース。

(Dr.TAKAもレビューしましたのでよかったら見てね)

drtaka-09_02.jpg

形状も独自のエルゴノミックデザインで、どっかから金型持ってきましたーみたいな安易な作りはしていません。
メモリーモジュールで鍛えた持てる技術の粋を集めて全身全霊の変化球、これがEpicGearの魅力です。

ちなみに、EPICGEARのデバイスはみんなRPGに出てくるモンスターをキャメルケースで表記することになってるみたいです。
『MeduZa』は製品パッケージを裏返すと“ふたつ目”が覗いてる仕様になっていて、もうほんと無駄に凝ってるんだよなあ。


無駄に高い工作精度

『MeduZa』の時点でレーザーだけ/光学だけ/ハイブリッドとカスタマイズ性を提供していましたが、
ハードウェアとしてのカスタムも提供したいと考えたらしい我らがEPICGEAR、次はこんなのを投入しました。

drtaka-09_03.jpg

ZorAで注目してほしいのはその工作精度です。
今度の形状はなんてことないシンメトリですが、背中がガバッと開いておもりが搭載できるようになっています。
無駄に工作制度が高すぎて、背中が開くということを(Dr.TAKAも含め)言われないとわからないのですwww

drtaka-09_04.jpg


こんなふうに取れる……裏ワザかっ

メモリーモジュールを作ってたからなのか、正直言って無駄なレベルで精度が高い!

出来の良い工業製品ってストレスなくいじれるので単純に楽しいんですが、それだけではなく、
部品の精度が高い→組立のおばちゃんがラク→不良率低い/故障少ない、なんてことでもあるわけです。


ニッチ機能だろうが全部載せ

drtaka-09_05.jpg

かぶせ寄りのエルゴノミック形状である『MeduZa』と同じ形状で発売された『Cyclops X』、
こいつにも妙な機能が搭載されています。

なんと、マウスセンサーを傾けることができるのです!

うん、ちょっと説明がよくないことは認識しています。
ということで、以下の写真をご覧あれ。

drtaka-09_06.jpg

斜め右下にマウスを動かすと、マウスカーソルは右に動く、なんてことができるわけです。
設定ソフトウェアで、左右に最大15度まで調整可能です。
(↑の画像は-15度、反対側に+15度にもできます)。

ディスプレイに対して斜めにマウスを持つ人とか、
肘や肩まで使ってaimする人用と考えるとわかりやすいかも。

多少ニッチと思われたって、搭載できる機能は全部搭載する。
この姿勢、どう考えても面白がっているとしか思えません……。


そしていよいよキーボードの登場です!

すでにリリースされているとおり、次の新製品はスイッチが交換できるキーボードです。

「スイッチが交換できる」と聞いてピンと来た人も、なんじゃそりゃの人も、
下記の配信・イベントをぜひチェックしてみてください!


■DeFiant発売前にワンズちゃんねるで先行紹介!
大阪日本橋のPCパーツショップ『PCワンズ』の公式生放送番組「ワンズちゃんねる!」で、9月22日の配信にDeFiantが登場!写真や文章だけでは伝えきれない魅力を映像でご紹介いたします。
ワンズちゃんねる!配信ページ:
http://ustre.am/tbze (Ustream)
https://abemafresh.tv/pc_ones (FRESH! by AbemaTV)
どちらも毎週木曜日夜8時30分から生放送!




■DeFiant体験会イベント開催&ツクモ・ワンズで先行発売
DeFiantのユニークなキースイッチ着脱機構をご紹介する体験会イベントをツクモ秋葉原パソコン本店にて、9月24日(土)に実施予定です。また、同日よりツクモ全店およびワンズ各店限定で先行販売を開始いたします。



編集後記

というわけで今回はレビューとしても変化球、『EPICGEAR』ってどんなブランドなのかをお送りしました。いかがでしたでしょうか。
例えるなら、パワーはモンスター級だけど頭脳もモンスター級なので、
使い手を選ぶけどハマると愉快なおもしろメーカーというところでしょうか。

次回はいよいよ登場するEPICGEARのキーボード『DeFiant-JP』のレビューをお届けする予定です。
9/22のワンズちゃんねる(Ustream/FRESH! by AbemaTV)、9/24のツクモ本店でのイベントもお楽しみに!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。