スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COUGAR 700Mレビュー!(前編)

06-13,2014

皆様こんにちは!
いつもGenkibuyをご利用頂きましてありがとうございます!

本日は、電源業界では有名なCOUGARの最新ゲーミングマウスをご紹介します!
そう、COUGARはゲーミングデバイスも作ってるのです!
ただし、国内投入はもう少し先の予定なので、今回は先行レビューとさせていただきます。

20140613-1.jpg

20140613-2.jpg
※あっ、マウスパッドもチラ見しちゃってますね…

今回ご紹介しますのは、こちらの「COUGAR 700M」です。以前「COUGAR 200M」を紹介致しましたが、これはその上位モデルという位置づけになります。
一見してマッドキャッツのCyborgシリーズと似た印象を受けますが、実際は全くの別物であることを今回お伝えしたいと思います。

まず基本スペックは以下のとおりです。

センサー:8200DPI
ポーリングレート:1000Hz/1ms
材質:アルミフレーム+プラスチック
ボタン数:8
フレームレート:12000FPS
最大加速度:30G
インタフェース:金メッキUSB
ケーブル長:1.8m
重量:130g+4.5*4g
寸法:127*83*38mm[L*W*H]


フレームはアルミが使われており、握った時点でかなりの剛性を感じられます。
一見隙間の多い構造をしていますが、メカニカルな部分は前部に集約されています。
したがって、内部への埃の侵入の心配はなく、第一印象とは裏腹にカッチリとした構造になっています。

20140613-3.jpg

裏面はこうなっています。ソールは6箇所です。各ソールの面積が小さいことに加えて、材質も特殊なものを使っているのか200Mに比べて非常によく滑ります。トスベールでソールを自作した時と同じような滑り加減です。

20140613-4.jpg

付属品は後部プレート(スポーツパームレスト)と4.5gの錘が4つ付属します。
スポーツパームレストは表面がマット加工されたもの(COUGARのロゴが黒い方のプレート)で、通常のプレートと比べると滑り止め効果で安定感の向上を感じますが、面積が小さいため、個人的には握りにくい印象を受けました。
とは言えここは好みの問題とも言えます。

更にこの後部プレートは角度調整が可能です。

20140613-5.jpg
※上ピンボケですみません

上が最大まで持ち上げた場合、下が最も下げた状態です。金色のネジで調整するので途中の角度でもガッチリホールドします。

20140613-6.jpg

錘はマウス中央に収納します。重心もおよそこの位置に取られています。
錘なしの状態では130gと、非常に軽いマウスです。
後部の肉抜きはこの軽量化と重心安定のための工夫と言えます。

20140613-7.jpg

ケーブル接続部はアルミパーツで保護されています。
ケーブルはCOUGARお馴染みの2.5mmファイバーケーブルです。
一見金具部分が外れそうに見えますが頑健に取り付けられているので心配ありません!

外観デザインを総評すると、Cyborgはカスタマイズ性と機能性に重点を置いたマウスでしたが、700Mは強度と快適性に重きを置いているマウスです。

次回、後編はボタン周りとドライバを交えたレビューをお伝えします。乞うご期待!

ゲームを、もっと楽しく。Genkibuy
http://www.genkibuy.com/

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。