FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーマーのためのキーボードカスタマイズ

08-08,2014

皆様こんにちは!
本日は少し趣きを変えてハードウェアではなくソフトウェアレベルでの便利な設定をご紹介します。

今回注目するのはキーボード。
FPSなどプレイされる方はWASDを移動キーとして、多くのアクションがその周辺にアサインされていると思います。
必然その周辺のキーを押す回数が多くなりキーボードによってはキートップの印字が擦り切れていたりするのではないでしょうか。
ところでWASD周りに注目した時、殆ど摩耗していないキーが目に入りませんか?
「英数/CapsLock」キーと「Windows」キーがあると思います。
これらのキーはWASDのすぐ近くにあるにも関わらず、殆どのゲームではアクションが割り当てられていません。
それどころかゲーミングキーボードでは無効化されたり取り除かれたりといった始末です。
そんな彼らを有効活用してやろうというのが今回の趣旨です。

「英数/CapsLock」キーと「Windows」キー、その本来の機能は何でしょうか。
「Windows」キーはご存知の通りスタートメニューへのショートカットや、各種キーと組み合わせたショートカット機能を持ちます。
「英数/CapsLock」キーは文章などを作っていると一度は経験があるのではないでしょうか?
入力文字を英数に切り替えたり、Shiftキーと組み合わせて大文字固定にしたりする機能を持ちます。
この機能、必要ですか?
Windowsキーであれば、右にも同キーが配置されており代替が効きます。
「英数/CapsLock」キーにしても全て別のキーで代替が効くのでかえって邪魔なキーです。

というわけで、レジストリを弄ってこれらのキーを別のキーに変更してしまいましょう。
とは言えレジストリを直接弄るのは少しリスクが大きいです。
今回は「KeySwap」(外部リンク:Vector)という便利なフリーソフトがあるのでこちらを利用します。
英語配列、日本語配列どちらにも対応しています。
※レジストリの書き換えを行うので不具合が出る可能性があります。自己責任になりますのでご注意ください。

keyswap_main.jpg
解凍後ソフトを立ち上げるとこのようなインターフェースが起動します。

keyswap_main2.jpg
左の表で黄色い部分が現在フォーカスしている部分です。
まず左上のセル(①列の一番上)にフォーカスし、変更したいキーを押しましょう。
②列にはそのキーに新しく割り振るキーを①列同様に入力します。
私の場合ですと、
「Insert」キー→「Delete」キー
「CapsLock」キー→「0」キー
という割り当てを行っています。
CapsLockに割り振るキーはWASDに左手を置いた時届かないキーであれば何でもいいです。
記号キーはキー割り当てに対応していないゲームもあるので数字の9や0がオススメです。
「Insert」キーは通常の文章入力で誤爆することが多いので「BackSpace」か「Delete」あたりに変えておくと誤爆が気にならなくなっていい感じです。
設定が決まったら左上の「終了」を押して、ダイアログが出たら「はい」を選んでPCを再起動すると設定完了です。
配置を戻したい場合は「終了」の下にある「設定取り消し」を押してPCを再起動すると元に戻ります。
複数の設定を扱いたい場合はプロファイルをファイルに保存しておくこともできますが、詳しくは説明書をご参照ください。

ゲーム環境向上の助けになりましたでしょうか?
ちなみに私の環境ではこのキーボード設定に加えて、フットスイッチに数字キーの7~9を割り当てています。
こうすると特別な設定なしに数字キー全てに瞬時にアクセスできるのでMMOなどを渡り歩く場合に非常に便利です!
ちなみにRazerのゲーミングキーボードですとRazer Synapseを使って全く同じこと+αができるので機会があればそちらもご紹介したいと思います。

ゲームを、もっと楽しく。Genkibuy
http://www.genkibuy.com/

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。